Loading...
西郷隆盛

当店の特徴

オリジナル焙煎機について

当店の焙煎機は炎を自由自在に操るため、オリジナルの焙煎機をあの歯ブラシから航空機用の超度品や人工衛星まで作る東大阪の町工場にて製作致しました!この結果、どの焙煎機よりも珈琲豆の個性を引き出すことに成功いたしました!

この結果、どの焙煎機よりも珈琲豆の個性を引き出すことに成功いたしました!
直接炎が当たるので扱いは非常に難しいのですが味の差は歴然としたものがあります!
しかしながらいくら焙煎機が高性能であろうとも、使用する珈琲生豆の品質が良くないと宝の持ち腐れ

旬の珈琲を使用

当店では、焙煎もさることながら原料である珈琲生豆にも細心の注意を払い、銘柄には囚われず青果物としてその年の一番出来のいいもの、その時期に一番美味しい生豆を入荷しております。

定温定湿管理

当店の珈琲生豆は、夏の高温よる劣化、梅雨の湿気によるカビ発生、冬の乾燥による味抜けを避けるために、定温定湿倉庫にて気温14~16℃・湿度50~60%の環境で保管されております。

なぜ定温定湿倉庫に入れるのか?

▼これは2ヶ月前に購入したパナマの生豆

▼こちらも2ヶ月前に購入したパナマの生豆

▼比べてみると一目瞭然、左が入荷後倉庫にすぐ入れたもの、右が店内に置いていたもの

写真のように豆が乾燥してしまうと、味も香りも特徴もかなり抜けてしまいます。

豆本来の個性などほとんど感じられません。 特に梅雨時期など湿気でカビが生じます。
そうなると全く使いものにならず、せっかくの美味しい豆も廃棄しなくてはなりません。だから当店ではそうならないためにも、定温定湿倉庫に保存し焙煎する分だけ倉庫から取り出します。面倒くさいことですが、いつも新鮮に個性のある味を維持するにはどうしても必要な作業です。