熟成珈琲豆とは

本来、様々なもので新鮮、鮮度、出来立てなどが持てはやされていますが
珈琲豆に限ってはそれは違うのではないかと思っております
それはもちろん焙煎してから2ヶ月も3ヶ月も経過した豆では酸化して
不味いに決まってます

しかし焙煎仕立ての豆

この焼き立ての状態というのは、大量の煙りを焙煎豆が吸っており
このまま飲むと煙苦く豆の本来持つ個性の100分の1も出ません

ですので、当店では豆の中の煙が抜ける約2日間は絶対に販売致しません
これは豆の本当の味を知って頂きたいので、ただただコーヒーは苦いものと勘違いしてほしくないからなのです

焙煎した豆は密封された光を遮り、熱を遮り木で作られた保存庫で熟成させます


ここで最低1~2日煙抜きをさせ、それを経て豆の熟成が始まり2週間ほどでピークに達します
時が経つにつれ香り、甘味が極上のものへ変化し、そして角張った味が段々まろやかに変わってゆきます
ひとつひとつの銘柄の個性が色濃く出て初めて本来の味になります



しかし2週間を過ぎたあたりからから緩やかに豆は劣化し始めます
更に進むと酸化した嫌な酸味がで始めます
当店に来られるお客様からよく尋ねられるのが「酸味の無いコーヒーはありませんか?」
焙煎から何日かいや何か月経たコーヒーにほとんど間違いないと思われます

本来のコーヒーの持つ酸味とはグレープフルーツやレモンのようなキレのある心地よいものです

それらを踏まえ当店の珈琲豆は、新鮮かつ熟成されたものだけを販売しております






みこやオープン!

焙煎人プロフィール

カートの中身

毎月お届け、お申込みはお得!

初回お客様限定50g×3種類

新規お客様に限りお試し商品!

mikoyaオリジナル焙煎機と生豆

焙煎機公開

店長のお茶目なコーヒー

あなたにぴったりの珈琲は?

エアロプレスぅ~!

フェイスブック

お客様の声

CMソングアニメバージョン

みこやつぶつぶ

Copyright 焙煎したてのおいしいコーヒー豆販売・通販★オリジナルドリップパック製作! all rights reserved.
〒890-0056 鹿児島県鹿児島市下荒田3-37-1 ℡099-201-5529 Design by Seika Office